激安格安中古パソコンの選び方、通信販売ショップ紹介等のナビゲートサイト。

激安 中古パソコン購入Navi > PCの基礎知識と役立つ情報 > パソコンで視聴可能なテレビ放送

PCの基礎知識と役立つ情報

パソコンで視聴可能なテレビ放送


スポンサーリンク

パソコンで見ることのできるテレビ放送一覧です。

1、地上アナログ放送
地上アナログ放送とは現行のテレビ放送。NTSC(National Television Standards Committee)。

映像信号がアナログ信号のため、雑音が入ると映像や音声が劣化したり、高い建物の影響で反射電波による多重映り(ゴースト)するなどの障害が出ます。

水平方向の走査線数が525本で毎秒30フレーム(1秒間に30回画面を書き換える)のインターレース方式で、水平走査周波数は15.75kHz、垂直走査周波数は60Hz。

2011年7月24日までに地上デジタル放送へ完全移行します。

 

2、地上デジタル放送
地上デジタル放送とは、地上波のUHF帯を使用したテレビ放送。2003年12月1日から、関東・近畿・中京の3大広域圏で開始されました。

デジタル信号のため、劣化やゴーストといった障害がなく、高画質・高音質な番組が楽しめます。

地上デジタル放送を受像するには対応したチューナーが必要です。

 

3、BSデジタル放送
BSデジタル放送とは、2000年12月1日から開始された放送衛星(BS:Broadcasting Satellite)を利用したテレビ放送。

 従来のアナログ放送に比べ、高画質・高音質、多チャンネル、データ放送(双方向サービス)が可能などの特徴があります。

視聴には専用のチューナーとBSアンテナが必要です。

 

4、ワンセグ放送
ワンセグ放送とは、2006年4月1日から開始された携帯(モバイル)機器向けの地上波デジタルテレビ放送のことです。

 「ワンセグ」の「セグ」はセグメントのことで、地上デジタル放送が使う帯域のうち、1セグメント分を使うことから「ワンセグ」と呼ばれています。 アナログ放送のように画面がブレたりぼやけたりせず、高画質で安定した視聴ができるのが特徴です。

現在、家庭向けの地上デジタル放送と共に順次エリアが広がっています


スポンサーリンク