激安格安中古パソコンの選び方、通信販売ショップ紹介等のナビゲートサイト。

激安 中古パソコン購入Navi > PCの基礎知識と役立つ情報 > 無線LANについて

PCの基礎知識と役立つ情報

無線LANについて


スポンサーリンク
無線LANは、LANケーブルなどを接続せず、電波を使ってデータのやりとりができるLANのことで、家中どこでも好きな場所で手軽にインターネットが使えて便利です。


メリットは、ほかにパソコンがあれば、そのパソコンとプリンタやファイルを共有できること。なによりも、LANケーブルの配線に気を使わなくて済みます。


デメリットは、電波通信なのでLANケーブルよりも電波干渉を受けやすいところです。私の友達が無線LANでインターネットをしていて、「接続が途切れることが多い」とよく言っていました。


ノートパソコンの中には、無線LAN機能を搭載しているものがありますが、ただ無線LAN機能付きのパソコンを買ったからといって、それだけで無線LANが使えるわけではありません。


無線LANを使うには、アクセスポイントと呼ばれる親機と子機が必要になります。
ノートパソコンに搭載されている無線LAN機能は、この子機にあたります。
また、無線LAN通信の規格には3種類あり、親機と子機が同じ規格で通信する必要があります。


無線LANの規格とそれぞれの特徴
 
11a・・・5GHz帯を使う規格。最大54Mbpsの伝送速度。壁などの障害物に弱いが、他の家電製品や無線機器などの電波干渉(ノイズ)が少ないため、快適な通信が可能である

11b・・・2.4GHz帯を使う規格。最大11Mbpsの伝送速度。対応機種が多く、壁などの障害物に強いメリットがあるが、他の家電製品や無線機器などの電波干渉(ノイズ)を受けやすいデメリットもある。また実際には5Mbps程度しか速度が出ない。

11g・・・2.4GHz帯を使う規格。最大54Mbpsの伝送速度。11bとは互換性があり、11bの環境をグレードアップするのに適している。11b同様、障害物に強く、電波干渉(ノイズ)を受けやすい


スポンサーリンク