激安格安中古パソコンの選び方、通信販売ショップ紹介等のナビゲートサイト。

激安 中古パソコン購入Navi > ウイルスの基礎知識と対策・予防法 > コンピュータウイルスによる被害

ウイルスの基礎知識と対策・予防法

コンピュータウイルスによる被害


スポンサーリンク

コンピュータウイルスは、危険度の低いものから高いものまでさまざまなものがあります。では、実際にウイルスに感染してしまった場合にどのような被害(症状)があるのでしょうか?

ウイルスによる被害は、以下のようなものがあげられます

<コンピュータへの被害(症状)>
・動作速度が遅くなる。
・アイコンが変更されている。
・見覚えのないアイコンがある。
・画面上に覚えのないメッセージが表示される。
・画面上に覚えのないグラフィックス(アニメーション、絵、図形など)が表示される。
・画面上の表示が崩れる。
・ダイヤルアップの接続先が変更されている。
・ブラウザのホームページが変更されている。
・アプリケーションプログラムが起動しなくなる。
・データファイルが破壊される。
・勝手にインターネットに接続しようとする。
・エラーメッセージが出る。
・キー入力ができなくなる。
・覚えのないファイルが作成されている。
・メールソフトの送信済みトレイに覚えのない履歴がある。
・勝手に音が鳴りだす。
・プログラムファイルのサイズが大きくなる。

上記の中には、ハードウェアやソフトウェアにおける症状と見分けがつきにくいものがあります。ウイルスによる症状かどうかを見分けるためには、ウイルス対策ソフトでコンピュータ内を調べてみるのが的確な方法です。

<人への被害>
・企業、個人としての信用の失墜(情報流出やウイルスメール送信などで)
・ウィルス対策にかかる膨大なコストや手間(コンピュータ復旧の手間がかかります)

 

最近は、変なグラフィックやメッセージを表示させるような動作をするウイルスは少なくなってきています。感染したことに気づかれないように情報を送信し、裏でコソコソするような陰険、陰鬱、陰湿なウイルスに変わってきています。 恐ろしい限りです・・・。



スポンサーリンク