激安格安中古パソコンの選び方、通信販売ショップ紹介等のナビゲートサイト。

激安 中古パソコン購入Navi > ウイルスの基礎知識と対策・予防法 > コンピュータウイルスの感染経路

ウイルスの基礎知識と対策・予防法

コンピュータウイルスの感染経路


スポンサーリンク
ウイルスは自然発生するものでなく、必ず感染源が存在します。さて、コンピュータウイルスは、どこから入ってくるのでしょう?

このページでは、感染経路について説明します。

1、電子メール ・・・ウイルスは、添付ファイルとして送られてくることが多いので、不明な添付ファイルがついたメールや不審な差出人のメールは絶対に開かないようにしましょう。また英語で書かれたメールも注意です。開く前にすぐ削除してしまいましょう。


2、ブラウザ(IE)・・・JavaScriptやActiveXコントロール等の機能を悪用したプログラムが埋め込まれたホームページを観覧すると感染します。ウイルス対策ソフトを導入して常駐させていればすぐにウイルス警告が出てきて感染を防いでくれます。(いきなり出てきてビックリしますが・・・)


3、ファイルのダウンロード・・・ダウンロードしたソフトやファイルなどにウイルスが埋め込まれていることがあります。怪しげなファイルはダウンロードしないようにしよう。(特に作成者が不明なexeファイルは要注意!!)


4、データ共有フォルダ・・・共有フォルダのファイルに自身をコピーするウイルスもあります。1台が感染すると、LANやネットワークで繋がったコンピュータすべてに感染が広まっていきます。


5、記録メディア・・・フロッピーディスクやMO、CDなどのリムーバブルメディアを媒体とします。インターネットが普及した今は、だいぶ少なくはなりましたが、他人から入手したメディアからデータを読み込む前は、別のパソコンで読み込ませ、ウイルスチェックしてみるのがいいでしょう。最近はUSBメモリーからの感染が増えています!警戒しましょう!


7、P2Pネットワーク・・・P2Pタイプのファイル共有ネットワークも、ウイルス流通の有力な媒体として注目されています。人気のあるコンテンツやソフトウェアに偽装したウイルスがP2Pネットワークを通じて感染を広げたり、情報暴露型ウイルスによって機密情報や個人情報がP2Pネットワークに流出するといった事件も続発し、大きな社会問題となっています。



スポンサーリンク