激安格安中古パソコンの選び方、通信販売ショップ紹介等のナビゲートサイト。

激安 中古パソコン購入Navi > ウイルスの基礎知識と対策・予防法 > コンピュータウイルスの種類

ウイルスの基礎知識と対策・予防法

コンピュータウイルスの種類


スポンサーリンク

以下に、それぞれの種類の特徴をあげてみました。

ウイルスの種類

○ファイル感染型・・・拡張子が 「.com .exe .sys」 などの実行ファイルに感染するウイルスです。プログラムを実行するたびにウイルスも実行されてしまいます。また、実行ファイル自体は問題なく動くことが多く、感染してしまったことに気づきにくいのが特徴です。データファイルには感染しません。




○ワーム型・・・ネットワークを通じて、他のマシンに感染することを目的とする不正プログラムのことです。通常のウイルスは感染対象のプログラムを必要としますが、ワームは感染対象となるプログラムがなく、自分自身の複製をコピーして増殖します。メールを利用して自分自身のコピーを他のメールに配信するなど、感染力が強いのが特徴です。ネットワークに接続されている他のマシンに出現するので、ネットワーク内を這い回るように見えることから、この名称が付けられました。





○トロイの木馬型・・・便利なソフトウェアに見せかけて、ユーザに被害を与える不正なプログラムです。。積極的な感染活動は行わず、トロイの木馬の内部に隠していたウイルスをパソコンに組み込んだり、パソコン内部の秘密のファイルをインターネット上に送信してしまったり、ファイルやディスク内容を破壊するなど、さまざまな被害があります。こうしたふるまいがギリシア神話に登場するトロイの木馬に似ることから、この名で呼ばれています。 映画でもあったよね?





○マクロ型・・・マイクロソフトのワード、エクセルのマクロ機能を利用して感染するウイルスです。主な感染経路はメールで、VisualBasicで簡単に作成できるため一時期大量発生しました。文書ファイル、表計算ファイルを開く前には、「ワクチンソフトで検査する」、「ワード、エクセルのセキュリティ機能を高めてマクロ検出を行う」などの手段をとることが必要です。





○メモリ常駐型・・・パソコンのメモリに常駐するウイルス。メモリ上にプログラムが残ったままになっていて、ある事象(きっかけ)が発生すると、ユーザの操作なしに自動的にそのプログラムが動き出すような状態になります。例えば、フロッピーディスクへのアクセスを常時監視していて、アクセスがあるとフロッピーディスクにウイルスを埋め込む処理をすることも可能になります。ウイルス対策ソフトでも見つけにくいので厄介なやつです。





○Java、ActiveX型・・・インターネットのサイト技術を悪用したものです。サイト観覧などで感染する。JavaアプレットやActiveXコントロールなどをオフにするだけで防げることも多い。





○ネットワーク型・・・  主にネットワークOSを攻撃し、またそのネットワークを利用して感染増殖するウイルスです。コントローラ割り込み命令を利用して、他の割り込み命令を制御します。





○システム領域感染型・・・ハードディスクやフロッピーディスクのシステム領域(ブートセクタ、パーティションテーブル)に感染するウィルスです。





○ステルス型・・・ウイルス対策ソフトに発見されないように、さまざまな工夫を凝らしたタイプのウイルスことです。





○複合感染型・・・システム領域感染型とファイル感染型の両方の特徴を持つウイルスです。ファイルに感染するだけでなく、ハードディスクやフロッピーディスクのシステム領域にも感染します。





○ウイルスドロッパー・・・ウイルス対策ソフトによる検出を難しくするために、全く別種のウイルスを作成するという特徴を持つウイルスのこと、またはその活動を言う。 ミューテーション型とはちょっと違う。



○ミューテーション型(ポリモフィック型またはポリモルフ型)・・・ウイルス対策ソフトによる検出を難しくするために、感染する度にウイルス自体の暗号化ルーチンを改変するなど、感染の過程で自分の「形態」を変化させるウイルスです。感染するたびにウィルスが別のウィルスや亜種のウィルスになることではなく、同じ動作をするウイルスの形を変えるものです。









スポンサーリンク