激安格安中古パソコンの選び方、通信販売ショップ紹介等のナビゲートサイト。

激安 中古パソコン購入Navi > リサイクル・買取 > データ消去について

リサイクル・買取

データ消去について


スポンサーリンク

パソコンを廃棄、譲渡する際に気をつけたいことは、パソコンのハードディスク内のデータです。データの消去をしていなかった場合、データが流出したり、悪用されてトラブルに発展するなどの危険性があります。情報漏洩防止に注意を払いたい方は、決して「データ消去」を忘れないでください。


「データの完全消去?ゴミ箱にいれて空にすればいいんでしょ?」と思ってる方、大間違いです!

データを「ゴミ箱」に捨てる
「削除」操作を行う
「ゴミ箱を空にする」コマンドを使って消す
ソフトで初期化(フォーマット)する
付属のリカバリーCDを使い、工場出荷状態に戻す

などの一般的な「消去」は、一見データが存在していないように見えますが、実際にはまだ消去されていません。 管理に必要な一部の情報を削除するだけでデータはまだ残っています。


この状態では、データ復元ソフトを使って消したはずのデータを取り出すことができてしまうので、パソコンを廃棄、譲渡する際には情報流出のことも考えてより完全な消去が必要となります。


こうしたデータを完全に消すには「完全消去ソフト」を使いましょう。
このソフトを使うことで、ハードディスク内を、読み取り困難な状態まで消去してくれます。


また、別の方法として、「ハンマーなどで物理的に破壊する、ハードディスクだけ抜き取って金庫などに保管する」などがありますが、もったいないのでオススメできません。再利用をしたいものです。


パソコンを廃棄、譲渡する際は、ハードディスク内のデータを完全に消去し、読み出せなくなった後、パソコンに付属する「リカバリーディスク」を使い、パソコンを出荷時の状態に戻しましょう。
そうすることで、情報流出の危険性は大幅に改善されます。


スポンサーリンク