激安格安中古パソコンの選び方、通信販売ショップ紹介等のナビゲートサイト。

激安 中古パソコン購入Navi > 掃除・メンテナンスのコツ > PC本体の手入れ方法

掃除・メンテナンスのコツ

PC本体の手入れ方法


スポンサーリンク

パソコンは、まるで自分が掃除機かのように、ホコリやゴミを吸い寄せてしまいます。

そのままにしておくと、放熱がうまくいかなくて、思わぬ故障の原因になる場合もあるので、こまめに手入れをしましょう。手入れをきちんとすれば、見た目に気持ちいいだけではなく、パソコン全体を長持ちさせることができます。

少なくとも、年に2回くらいは手入れしてあげましょう。


まず、パソコンの誤動作を避けるために電源を切ってコードも抜きます。当然ですね。


本体周り
柔らかい布を固く絞って水拭きします。汚れがひどい場合は、薄めの中性洗剤や市販のOAクリーナーを使いましょう。

黄ばみは、タバコのヤニや日焼けが原因の劣化変質ですので元には戻りません。どうしても気になるならシールで隠すか、塗装しましょう。


ファン
ファンのホコリや汚れは、掃除機で吸い取ります。フィルタが付いてる場合は、外します。このとき、ファンが逆回転しないように注意してください。電流が走ってマザーボードに支障が出る恐れがあります。(特にデスクトップパソコンのファン)
ファン部分を掃除しているところ  


コネクタ部分
コネクタが集中する部分も掃除機で吸い取ります。奥にたまっているのなら綿棒を使ってかき出しましょう。ブロアーで飛ばすのも手です。
コネクタ部分のホコリを掃除機で吸い取っているところ  

コネクタ部分のホコリを綿棒で掃除しているところ


本格的に行うなら、カバーを開いて隅々まで掃除したいところですが、少々危険が伴います。

部品を無くしたり、中のケーブル接続の仕方を間違えたりしてパソコンに不具合を出す上、カバーを開けたことによる「商品保証の取り消し」というダブルパンチを食らうことになります。

本格的に安全に掃除するならば、専門の業者に頼んだほうが確実でしょう。


スポンサーリンク