激安格安中古パソコンの選び方、通信販売ショップ紹介等のナビゲートサイト。

激安 中古パソコン購入Navi > パソコンスペックのチェック > ポインティングデバイス (Pointing Device)の概要・種類・特徴

パソコンスペックのチェック

ポインティングデバイス (Pointing Device)の概要・種類・特徴


スポンサーリンク
ノートパソコンには、マウスを持ち歩かなくてすむように、マウス代わりのポインティング・デバイスが搭載されています。

ポインティングデバイス(Pointing Device)とは、コンピュータの画面上での入力位置や座標を指定する入力装置の一つ。主に画面上に表示されるポインタやアイコンを操作するために用いられます。


このポインティングデバイスにも種類はいろいろとあり、目的・用途・使用環境等に応じて複数の種類や構造のものが存在します。

ジョイスティック
ポインティング・スティック(トラックポイント)
タッチパッド
タッチパネル、スタイラスペン
データグローブ
トラックボール
ペンタブレット
マウス
ライトペン
ジョイパッド
キーボード


ポインティングデバイスの代表的な機器もしくは装置としては、マウスやタッチパッド、ポインティング・スティックが挙げられます。


タッチパッド(TouchPad)は、平板状のセンサーを指でなぞることでマウスポインタの操作をする、ポインティングデバイスの一種。メーカーによりスライドパッド、トラックパッドなどとも呼ばれています。

タッチパッド、スライドパッド、トラックパッド  

指の動きを感知するための方法としては、静電式と感圧式の2つがあります。

他のポインティングデバイスに比べて「設置面積が小さい」「腱鞘炎などになりにくい」「メンテナンスがほとんど要らない」などの利点があります。



ポインティング・スティック(Pointing Stick)は、ノートパソコンに採用されているポインティングデバイスの一種。IBMのThinkPad、東芝のDynabookなどで使われています。

ポインティング・スティック  

ポインティング・スティックの形状は、短い棒状のボタンです(写真の赤いやつ)。キーボード、またはパームレストのそれぞれ中央部分に設置されており、これを指で力を加えることにより画面上のマウスポインタを操作します。

ポインティング・スティックの利点として、タイピング時のホームポジションを崩さずにポインタ操作と文字入力とを行うことができることです。しかし、マウスやタッチパッドに比べて曲線を描くような細かいポインタの移動は困難で、手書きによる入力など、複雑な操作は苦手というデメリットがあります。

スティックの傾き具合で移動速度を調整できますが、慣れないと難しく感じます。マウス操作にやっと慣れた人にとっては大きな壁になるでしょう。

 

ノートパソコンを買うときは、「タッチパッドと、ポインティング・スティックのどちらが自分に合っているのか」を検討するようにしてください。また、店頭で購入する場合には、クリックボタンの押し具合も確認すると良いです。


次の段階にいきたいと思います。いよいよ購入先の選択です。


スポンサーリンク