激安格安中古パソコンの選び方、通信販売ショップ紹介等のナビゲートサイト。

激安 中古パソコン購入Navi > パソコンスペックのチェック > OS (Operating System) の概要・選び方・注意点

パソコンスペックのチェック

OS (Operating System) の概要・選び方・注意点


スポンサーリンク
パソコンを動かすためソフトが「OS(オーエス)」と呼ばれるものです。

OS(Operating System:オペレーティングシステム)とは、パソコンが動作するために必要な機能を提供し、各種ハードウェアを管理・制御するソフトウェアのことです。

OS(起動画面)

このOSの役割には次のようなものがあります。
ソフトウェアのインストール・起動
キーボードからの入力機能・画面への出力機能
ディスクの管理
メモリの管理


OSが起動している中で、表計算ソフトなどのアプリケーションを起動したりしていますので、このソフトウェアがパソコンにインストールされていないと、パソコンは絶対に動きません。パソコンを使う上での必須ソフトなんです。

よく、OS=パソコンとして思われがちですが、パソコン本体とOSは全く別物になりますので注意してください。

 

OSにはさまざまな種類があります。
Windows95、Windows98、WindowsMe、Windows2000、WindowsXP、WindowsVista などです。

また、Mac OSやLinuxなどもOSの一種です。

 

OSの選び方としては、動作も速く、セキュリティが高い、「Windows2000」か「WindowsXP」をオススメします。

WindowsXPには、家庭向けの「Home Edition(ホームエディション)」と、企業向けの「Professional(プロフェッショナル)」の2種類がありますが、どちらを選んでもかまわないでしょう。


最後に注意として、「OS無しのパソコン」は買わないようにしましょう!
安いからといってOS無しを買うと、別途にOSを購入し、自分でインストールしなければなりません。かなり面倒ですし、かえって高くつきます。


次は「CPU」についての説明です。


スポンサーリンク