激安格安中古パソコンの選び方、通信販売ショップ紹介等のナビゲートサイト。

激安 中古パソコン購入Navi > パソコンスペックのチェック > USB (Universal Serial Bus) の概要・選び方

パソコンスペックのチェック

USB (Universal Serial Bus) の概要・選び方


スポンサーリンク

パソコンには、他の周辺機器と接続するためのコネクタが用意されています。「IEEE1394」や「シリアルポート」などがありますが、なかでも代表的なものが「USB」です。

USB(Universal Serial Bus:ユーエスビー)」とは、キーボードやマウス、モデム、ジョイスティックなどの周辺機器とパソコンを接続するためのインターフェイス規格です。

USB

USBにはUSB1.1とUSB2.0の2つの規格があることを知っておきましょう。
データ転送速度の違いがあり、なんとUSB2.0はUSB1.1と比べて40倍の転送速度をもっています。(USB1.1=12Mbps、USB2.0=480Mbps)


電力もUSBケーブル経由でパソコンから供給され、低電力駆動の周辺機器であれば電源を持つ必要がありません。(一部ドライブ装置を除く)。 また、電源を切らずに機器を抜き差しできるホットプラグに対応し、さまざまな拡張が容易に行えるのが特徴といえます。


USB2.0の480Mbpsに高速化してから、最近のパソコンには必ず標準装備されるほど実用性が高くなり、もう、パソコンを活用するためには欠かすことのできないものとなりました。

 

選び方としては、USBコネクタが無いパソコンではなく、USBコネクタを搭載しているパソコンを選びましょう。できればUSB2.0が望ましいです。パソコンを選ぶときは必要なUSBコネクタの数も考えておきましょう。なお、「USBハブ」という機器を使えば、1つのUSBポートに最大127台までのUSB機器を接続することが可能です。

ショップに載っている情報で、USB1.1かUSB2.0か分からない場合、ショップに問い合わせてみましょう。

【USB1.1と2.0の判別方法】
「デバイスマネージャ」を開き、
USB1.1規格の「UHCI(Universal Host Controller Interface)」「OHCI(Open Host Controller Interface)
か、
USB2.0規格の「EHCI(Enhanced Host Controller Interface)」かを確かめる。

また、「デバイスマネージャ」→「USBコントローラー」を開き、ホストコントローラーの「ドライバの詳細」に「usbehci.sys」があれば、USB2.0ということになります。


次は「LAN」についての説明です。

スポンサーリンク