激安格安中古パソコンの選び方、通信販売ショップ紹介等のナビゲートサイト。

激安 中古パソコン購入Navi > パソコンスペックのチェック > 光学ドライブ (Disk Drive) の概要・種類・選び方

パソコンスペックのチェック

光学ドライブ (Disk Drive) の概要・種類・選び方


スポンサーリンク

DVDなどの光学ディスクを使うには、ある装置が必要になります。
それは、「光学ドライブ(Disk Drive)」というものです。

光学ドライブ(Disk Drive)とは、CDやDVDといった光学ディスクのデータを読み込んだり、データをレーザーでディスクに書き込んだりする装置です。

ちなみに「Drive」とは、「駆動する」「駆動装置」といった意味の英単語です。

Disk Drive

光学ドライブは、OSやアプリケーションソフトのインストール、音楽CDや映画DVDの再生、オリジナルディスクの作成、バックアップディスクの作成など、さまざまな用途に利用されます。


ソフトウェアのほぽすべてがCD−ROMやDVD−ROMで供給される現在では、光学ドライブはパソコンにとって必須の機器といえるでしょう。

 

CDの読み込みだけに対応した「CD-ROMドライブ」から、
CD/DVDのすべてのメディアに対応した「DVDスーパーマルチドライブ」まで、いろんな種類があります。 各ドライブの対応メディアについては、別ページのCD/DVDドライブと対応メディア表をご覧になってください。※このページに書くと長くなるので別ページにしました(;^_^A)

 

選び方は、用途によって決まります。
OSやアプリケーションのインストール、音楽CDの再生だけなら「CD-ROMドライブ」でも十分です。

映画DVD再生なら、「DVD-ROMドライブ or コンボドライブ」

オリジナルCDを作りたいなら、「CD-R/RWドライブ or それ以上の記録型ドライブ」

オリジナルDVDを作るような場合は、「DVDスーパーマルチドライブ」のような記録型DVDドライブを選定することになります。


「自分はCDやDVDに書き込んだりしないし、音楽CDや映画DVDを楽しんだりもしないよ」と言う人や、外付けの光学ドライブをすでに持っていて、使い回しができる人なら、「ドライブ無し」のパソコンを選らんでも構わないと思いますが、何らかの用途で使わなければいけなくなったり、コネクタが故障した場合のことを考えると、光学ドライブが内蔵されているパソコンのほうが安心はできます。

最低でもCD-ROMドライブ以上が搭載されているパソコンを買いましょう。


次は「フロッピーディスクドライブ」についての説明です。


スポンサーリンク