激安格安中古パソコンの選び方、通信販売ショップ紹介等のナビゲートサイト。

激安 中古パソコン購入Navi > パソコンスペックのチェック > ハードディスクドライブ (Hard Disk Drive) の概要・選び方

パソコンスペックのチェック

ハードディスクドライブ (Hard Disk Drive) の概要・選び方


スポンサーリンク

データの格納場所となるパーツ、それが「ハードディスク」です!

ハードディスクドライブ(Hard Disk Drive)とは、パソコンで作成した文書やデジカメの写真などのデータファイルを記録する装置です。

Hard Disk Drive

一時記憶のメモリとは違い、パソコンの電源を切ってもハードディスク内のデータが消えることはありません。(故障した場合を除く)

 

ハードディスクにも「容量」があります。この容量が多ければ多いほどたくさんのデータを保存できるので、それだけたくさんのアプリケーションをインストールしたりすることができます。

ハードディスクは、あとからの増設が可能なので、無理して大容量のものを買う必要はありません。
必要以上に大きくても結局使わずじまいの「宝の持ち腐れ」となることが多いのです。

 

容量以外にも、チェックしておきたいものがあります。
それは「ディスクの回転数」です。かつてのハードディスクは毎分5,400回転が主流でしたが、現在ではほとんどがより高速な7,200回転になっています。サーバーで利用されるSCS一方式の製品はもっと高性能で、10,000回転や15,000回転のハードディスクもあります。

回転数が高いほど読み書きの速度も速くなるわけですが、ハードディスクの発熱が増えるため、放熱をきちんと行なえるパソコンでなければハードディスクの寿命が縮まってしまいます。なので、中古パソコンを買う場合は5,400回転が良いといえます。


インターネットやオフィスソフトなど、一般的な利用の場合は20GB以上を選び、マルチメディア利用のパソコンで動画等の大容量のデータを保存する場合は、60GB以上は欲しいです。

最低でも10GB以上のものを選びましょう!


次は「光学ドライブ」についての説明です。


スポンサーリンク