激安格安中古パソコンの選び方、通信販売ショップ紹介等のナビゲートサイト。

激安 中古パソコン購入Navi > 目的・用途別での選び方 > インターネット接続用中古パソコンの選び方 参考スペック

目的・用途別での選び方

インターネット接続用中古パソコンの選び方 参考スペック


スポンサーリンク

インターネットをメインに使いたいのなら、それほど高いスペックは必要ありません。

インターネット用のパソコンに必要な要素は、
「インターネットに対応したOS」、「ウェブブラウザ」などのソフトウェアと、
「モデム」、「ターミナルアダプタ(TA)」、「LANポート+対応モデム」のいずれかのハードウェアです。


自宅のインターネット通信環境に合わせて、光接続やADSLなどの環境であれば「LANポートの有無」、電話回線やISDNなどの場合は「モデムの有無」を確認しましょう。


OSは、セキュリティなどを考慮して、Windows2000WindowsXPがいいでしょう。
XPなら、マイクロソフトのサポートがまだ終了していないので、オススメです。


インターネットをするには、ウェブブラウザというソフトウェアが必要になりますが、「Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)」というウェブブラウザがWindows98以降のOSに標準で搭載されているので、深く考える必要はありません。


インターネット用パソコンには「ウイルス対策ソフトウェア」を必ずインストールさせることが大切です。なぜかといいますとネットで感染することが一番多いからです。ウイルス対策ソフトウェアをインストールするために、「CD読み込み可能な光学ドライブ」搭載のパソコンを選ぶようにしましょう。(最近では、USBメモリを利用してインストールするものもあります)


【インターネット用中古パソコンの参考スペック】
OS Windows2000、WindowsXP
CPU Celeron 1GHz以上のプロセッサ
メモリ 256MB以上
ハードディスク 20GB以上
ドライブ CD読み込み可能な光学ドライブ
その他 LANポート内蔵、モデム内蔵など


次は、「メール用中古パソコン」の選び方です。


スポンサーリンク