激安格安中古パソコンの選び方、通信販売ショップ紹介等のナビゲートサイト。

激安 中古パソコン購入Navi > ノート?デスクトップ? > デスクトップパソコンの種類とメリット・デメリット

ノート?デスクトップ?

デスクトップパソコンの種類とメリット・デメリット


スポンサーリンク
パソコンらしいパソコン、「デスクトップパソコン」です。

デスクトップパソコンは、ノートパソコンとは違いキーボード・ディスプレイ・本体がそれぞれ別になっているパソコンです。

デスクトップパソコン

メリット、デメリットをそれぞれ挙げていくと、
<メリット>
周辺機器を内部に増設することができる(拡張性に優れている)
冷却効果に優れている
同性能ノートパソコンと比べて価格が安い
キーボードやディスプレイサイズに余裕があり、操作性が高い
ディスプレイやキーボードをお好みの位置に配置可能

<デメリット>
大きくて重いので、簡単に動かすことができない
設置場所が限られる
動作音が大きい
配線の手間がかかる
消費電力が高い


デスクトップパソコンの種類は、形で分類すると、「液晶一体型」と「タワー型」と「省スペース型」の3種類があります。

液晶一体型デスクトップパソコンの特徴
・ 手頃な価格のものが多い
・ シンプルな機能で、実用性を重視している
・ 薄型・軽量かつコンパクトであまり場所をとらない


タワー型デスクトップパソコンの特徴
・ パソコン本体のサイズが大きいので、設置スペースを取ります
・ 本体の大きさによってさらに、「フルタワー型」「ミドルタワー型」「マイクロタワー(ミニタワー)型」と分類されます
・ 最も拡張性が高いです


省スペース型デスクトップパソコンの特徴
・ タワー型をコンパクトにしたタイプで、設置スペースをさほど必要としません
・ 拡張や増設に関しては、タワー型より劣ります
・ 本体を横置きにすることができます

デスクトップパソコンはバッテリーで駆動できるものではないので、新品と中古の違いはスペックや外観くらいですね。

「パソコンを持ち運ぶことは少ない」
「コストパフォーマンスを一番に優先する」
「ディスプレイは持っているので、本体だけでいい」
・・・という方にデスクトップパソコンはオススメです。


次は、『中古品の場合のノートとデスクトップの比較』です。


スポンサーリンク