激安格安中古パソコンの選び方、通信販売ショップ紹介等のナビゲートサイト。

激安 中古パソコン購入Navi > 中古パソコンに迫る > 増え続ける中古パソコン市場

中古パソコンに迫る

増え続ける中古パソコン市場


スポンサーリンク

PCリサイクルマークが付いていないパソコンを処分するときは、3000〜4000円の費用を支払ってメーカーに回収を依頼しなければなりません。

そのため、「買い取ってもらったほうが、リサイクル費用を取られないし、手っ取り早い」と考えるユーザーが増えました。これが中古パソコンの供給が増える要因です。

需要も増えています。
ワープロなどの一般的な用途ならば古いパソコンでも十分使える
パソコンを低価格で購入したい
子供にプレゼントしたい

このように、中古パソコンがパソコン購入の選択肢のひとつに入ってきたわけです。昔は、中古パソコンというとマニアっぽく、ジャンク品のイメージが強かったのですが、今ではサポートや品質が良くなり、安心して中古パソコンを購入できる環境が整っています。


この需要と供給の増大が、中古パソコン市場を年々拡大させていて、いまや見逃すことができない市場規模へと成長しています。

 

さらに、パソコンメーカーも、中古パソコン分野に乗り出しています。

日本IBMでは、企業のリースアップパソコンを同社自身で再生し、中古パソコン店を通じて販売しています。また、NECは、ネットなどを通じて個人ユーザーから買い取って、中古パソコン店を通じて販売しています。メーカーが整備した中古パソコンは、安心感があり、高い人気を誇っています。


中古パソコンのイメージはつかめてきたでしょうか?完全にイメージをつかめとはいいません。
「だいたいこんなもんか」な程度で大丈夫です。


次のページでは『パソコンの形を決める』ことについて説明します。


スポンサーリンク